注意しておきたい点

SMクラブここまではSMクラブの基本の「き」です。しかし、よくSMクラブを利用する方でもやってしまいがちな失敗があるそうです。そんな失敗は実は意外とありがちな落とし穴だったりもします。よくSMクラブで遊んでいてついつい夢中になりすぎてプレイではなくただ単に「怒鳴りつける」、「ムチで痛めつける」という事になってしまう事が実はあったりします。その際に叩かれていて、反応が変わる瞬間があります。もし、叩いたり、罵ったりしていて急に「ごめんなさい」、「お許し下さい」という声が上がったら、それは「少しやり過ぎ」のサインなのです。

そうしたら少し虐めの手を少し緩めてあげたら「この人は知ってる人」、と思ってもらえますし、何よりもさらにワンランクアップしたSMクラブの楽しみ方が出来ます。SMクラブに限らず風俗ではお客様はやはり大事にされます。しかしながら常識を超えた空間を楽しむ為にはやはりまず、相手の表情も見ながら楽しむ事でお互いに嫌な気持ちをせずに通いたいものです。ソープランドやイメクラ、デリヘルなどなどありとあらゆる風俗業態がありますが、そのレパートリーの中に、一見敷居の高そうなSMクラブをラインナップしてみてはいかがですか。

利用方法

SMクラブまず、最初に触れておきたいのは実はSMクラブも他の風俗の類に漏れず、「思っているよりも多くのお店がある」という事です。特にグループで経営している会員制クラブでは会員特典も多種多様である上に、関東圏であれば上野、新宿、五反田、横浜、関西圏であれば新大阪、ミナミ、梅田、京都などに複数のグループ店舗を展開している為に、「会員登録はしたけど特典をまったく活かせない」という事はなくどの店舗に行っても特典を受けられるという事が出来ます。

また、予約を必要とせず「即案内」と書かれているキャストは入店から数ヶ月だったり、完全業界未経験者だったりするので青田買いのチャンスです。そして、基本的なSMクラブの利用方法はデリバリーヘルス(通称デリヘル:派遣型ファッションヘルス。あらかじめ電話で予約を受けた客の自宅やホテルなどに女性を派遣するという風俗の一形態)と同じですが縛り紐やバラ鞭、浣腸、ろうそくなどの道具が無料(店舗により無料オプションは異なります)という点で大きな違いがあります。代金的には店舗やコースにもよりますが15,000円〜60,000円と行ったところです。流れとしては電話予約、代金支払い(ホテル代・コース代・指名料(指名した場合))、シャワー、サービス、シャワーという流れとなります。

SMクラブの概要

ソープランドやイメージクラブ(イメクラ)、デリバリーヘルス(デリヘル)など風俗にはいろいろな種類がありますが、SMクラブというとなんとなく敷居が高いような気がしてしまうという男性も実際には結構多いです。今回は、そんなSMクラブの基本的な情報についてご紹介します。風俗で遊んだ事がないという風俗初心者の方はもちろんのこと、ソープランドやデリヘルなどの風俗では遊んだ事があるけどSMクラブには足を運んだ事がないという方や私はSMクラブで長い事遊んだという方は初心にかえって読んで頂けたら幸いです。

遊び方まず、一般的なSMクラブのご利用方法について予約から遊び方の流れ、予算についてご紹介します。そしてここからは「そんな事分かってるよ!!」とは言わずにベテラン選手にも是非読んで頂きたいSMクラブにおいて特に気をつけておきたい注意点についてご紹介します。きっと「俺、意外とソレやっちゃっていた!!」、「あっ、アレはそういう合図だったのか!!」という発見がきっとあるはずです。SMというと相手を罵ったり、叩かれたりというだけでおしまいという感じを受けますが、やはりお互い人間同士なので相手を思いやる、尊重する気持ちを持てばより一層SMクラブの遊び方の幅も広がります。是非、自分本位ではなくふたりで気持ちよく楽しむことでさらに一段上のステージのSMクラブの遊び方をマスターして次回からのSMプレイにお役立て下さい。

Top