利用方法

SMクラブまず、最初に触れておきたいのは実はSMクラブも他の風俗の類に漏れず、「思っているよりも多くのお店がある」という事です。特にグループで経営している会員制クラブでは会員特典も多種多様である上に、関東圏であれば上野、新宿、五反田、横浜、関西圏であれば新大阪、ミナミ、梅田、京都などに複数のグループ店舗を展開している為に、「会員登録はしたけど特典をまったく活かせない」という事はなくどの店舗に行っても特典を受けられるという事が出来ます。

また、予約を必要とせず「即案内」と書かれているキャストは入店から数ヶ月だったり、完全業界未経験者だったりするので青田買いのチャンスです。そして、基本的なSMクラブの利用方法はデリバリーヘルス(通称デリヘル:派遣型ファッションヘルス。あらかじめ電話で予約を受けた客の自宅やホテルなどに女性を派遣するという風俗の一形態)と同じですが縛り紐やバラ鞭、浣腸、ろうそくなどの道具が無料(店舗により無料オプションは異なります)という点で大きな違いがあります。代金的には店舗やコースにもよりますが15,000円〜60,000円と行ったところです。流れとしては電話予約、代金支払い(ホテル代・コース代・指名料(指名した場合))、シャワー、サービス、シャワーという流れとなります。

Top